かなり古いもの・ちょっと古いもの・最近のものを思いつきで・・・古い記事へのコメントもお願いします
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事中の方はみないでね
2012年03月21日 (水) | 編集 |
先週、職場でちょっとした事件がありました

朝、給湯室に行こうとしたら

すごいニオイが・・・


なんと、共有部分の廊下に

大量のハイセツブツが・・・


すごくびっくりしたのですが、

まず管理会社に電話


その後、数人が出社


社長も出勤してきましたので、報告



「社長、廊下にへんなものがあるんです。

それで、今管理会社に電話をしました。」


廊下へのドアを細く開けて社長が覗き込み


「んークサイねぇ。あれはウン○かな?」


と一言


私「はい!ウン○ですっ!」


あ・・・言ってしまった



Twitterではけっこう変な発言などしていますが

会社ではそういうことは言いません(当たり前か)


それからみんなウン○の連呼でした

かたづいたか?
ニオイは消えたか?
どうしてここにある?

それぞれの言葉のあとに・・・


この寒いのに廊下の窓を全開にしたのと、

強力な殺菌・消毒のお陰で

昼までには事件は解決しました



始めは、腹が立つやら気持ち悪いやらで

いやな気持ちだったのですが、

大の大人が数人で

最初:「困りましたね、あんなものがあるなんて・・・」
   「本当ですね。参りました」

・・・・・


しばらくすると:
   「うゎ!くっさー!」
   「ウン○、キモっ!」

に変わっていくところが面白くて



午後に、みんなが出払ってひとりになったときに

つい思い出し笑いww



この日は夜に素敵なライブがある日だったので、

そのときに思い出さないように

祈りました・・・


それにしても、

不気味なので立ち入り禁止の案内を

作ってくれるよう管理会社にお願いしました



森山直太朗




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
やだ、おもいだしちゃった。
前の前の職場で
同じような事件がありました。
休み明けの月曜日のこと
その場所は、特定の人しか入らない場所なので
その中の誰がやったのか
なんでまたこんなところに
御乱心か
と相当ビビりました。
でも、それは
猫のうnぴだったのです。たぶんそうとう巨大な猫。


すいません、もうひとつ上の記事は↑休日にゆっくり見ますね。
2012/03/22(木) 00:49:13 | URL | かまど猫 #-[ 編集]
かまど猫さま
猫ならいいんです、猫なら・・・

あれは間違いなく
「動物界 後生動物亜界 脊索動物門 羊膜亜門 哺乳綱 真獣亜綱 正獣下綱 霊長目 真猿亜目 狭鼻猿 下目 ヒト上科 ヒト科ヒト下科 ホモ属サピエンス 種サピエンス亜種」
要するに「ヒト」ですww
2012/03/22(木) 07:29:57 | URL | 璃子(Riko) #MlQgtKFg[ 編集]
駅だとその辺でヽ(・∀・)ノ●ウンコーあったり
ヽ(・∀・)ノ●ウンコーしてる人けっこういるそうです。
知り合いが階段の途中で普通そうなサラリーマン風の男性が
ヽ(・∀・)ノ●ウンコーしてるの見たって言ってました。
世の中すごい人がいますよね。
2012/03/23(金) 21:00:58 | URL | 世話係 #-[ 編集]
ちょっとー!検索ワードにヽ(・∀・)ノ●ウンコーがひっかかって、
期待に応えようと、またこんなネタ探しちゃうじゃない!
以前、北海道の山道をドライブ中にソレがあったので、
「熊いるんじゃない?」とあわてて逃げたことがありましたが、
よく見ると近くに武○士のティッシュが落ちていました。
やっぱりこれもホモ属サピエンス ?
2012/03/24(土) 01:02:39 | URL | 璃子(Riko) #MlQgtKFg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック