かなり古いもの・ちょっと古いもの・最近のものを思いつきで・・・古い記事へのコメントもお願いします
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやげのTと「あの日からのマンガ」
2012年01月23日 (月) | 編集 |
まーだ余韻に浸るさるフェスですが、

そういえばお土産にTシャツを買いました


昨日、映画を見に出かけるときに

このTシャツを着ていきました


帰りに本屋に寄って、しりあがり寿さんの

「あの日からのマンガ」を買いました


本の内容が、どうしも気になって書店向かいのカフェへ

本にカバーはかけてもらいませんでした



内容は去年3月11日の震災についてかかれたマンガで

笑えるというよりは、考えさせられる…

むしろ感じさせられる作品です


地震・津波・原発…3.11以降の日々を生きる

 すべての魂に贈る、 渾身のメッセージ。

「『たとえ間違っているとしても、今、描こう』と思いました」

                          しりあがり寿



たとえば
川下り 双子のオヤジ

双子のオヤジがイカダに乗って川を下ってきます
迷路のような密林に入ると
たくさんの鳥達がいるので
道を尋ねます

鳥達は口々にいろんなことを囀るので、
(メルトダウンだ・爆発するぞ・いや安全だ等)
オヤジたちは何を信じていいのかわからなくなります

「信用できるリーダーはいませんか」
リーダーは
「直ちに健康に害があるとはいえない…」
ここで鳥達は炎上します

オヤジ達は
「正しい情報が分かれば後は自分で判断する」と
その密林を抜けます

でもその森を離れられない鳥達は
囀り続けているというお話です
(このトリはtwitterですね?)


一番最後のお話「そらとみず」は台詞の無いマンガ

じわーっと胸が締め付けられる感じです



(しりあがり寿さんは、本当にすてきな方でした

とても面白いモノを作るのにその絵のイメージではなく

上品な優しい紳士でした

ほんの少しだけお話させていただきましたが、

優しく「帰りの道中、気をつけてくださいね。」と言ってくださいました)



もう一冊は「トンスラ」

これはギャグマンガです

寝る前に読んだら、あさ起きたときに

トンスラ(ザビエルの髪型)のヤブさんが目の前に…


で、このTシャツでこのマンガを読むカフェの客

それが私だったのです





さるハゲロックフェス 12 オフィシャルTシャツ!!
しりあがり寿 presents 「さるハゲロックフェス12 - ブラック」
http://item.rakuten.co.jp/nomoretears/nmt01478

Tシャツの背中には小さな羽

今年のテーマの「翼」ということですね

さるフェスの最後に全員で大「翼をください」を合唱…感動でした

みんなで「一月一日」も歌ったんですけどね

「とーしのはーじめのためしとて~」

知久さんが「俺ここまでしか知らないよ~」といいながら、

にこにこ歌ってくれましたよ

これは最後の最後の三本締め




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック